いろいろなアイデアが試みられている近年の振り袖です。ハート模様や女子に人気のアニメキャラをモチーフにしたスタイルの振り袖など、最近の振り袖は斬新です。色合いもいろいろで、ショッキングピンクからレモンイエローまで多種多様です。落ち着いたタイプやゴージャスなデザインまで、選択肢はほとんど無限大です。
当然振袖も和服の種類となりますが、振袖を高齢者が着用することがないと言う点が大きな相違点です。まず若い女性だけにしか振袖は似合わないもので、結婚していない方でもお年寄りが振袖を着用すると相当恥をかくことになってしまうと思います。こんな風に年齢を気にしなければいけないのが振袖ではないでしょうか?
通常振り袖を着るときには、サロンなどに着付けをお願いする女性が多いと言えます。帯の結び方から、髪のセットに至るまで、自分や家族の手伝いではおよそ不可能です。特に成人式や結婚式など大事な日であるなら、ちゃんと専門家に依頼をしましょう。家族に着付が得意な人が居るなら当然事情は違います。

大方の女性は成人式の場でしか振袖を着ないかもしれませんが、披露宴に振袖を着用して出掛ける方もいなくはないのです。振袖を着用すると気持ちもピリッとするし、男子から見るとかなり素敵に見えることになるので、面倒くさくない人で振袖を所持している方は一度披露宴などで活用してみるといいと思います。
花魁みたいに振袖を成人式で身に付ける若者が多くなってきているということなのですが、この件についてはいろいろな意見が寄せられています。肩を出して振袖を着ることは今までの女性達からすれば信じられないことになるのですが、現代の人達にとってはファッションと考えられていて、一概にどちらがいいというのが決めてはいけないことだと思います。
岩波書店が出す『広辞苑』を調べると、振り袖とは右のように書いてあります。近世のころ、小袖の袖丈を長く仕立てたものをいい、大人になる前の男女共に用いたと記述があります。最近は結婚をしていない女性の礼装用の和服とも書いてあります。要するに袖の部分が長く取られた和装を差します。若い女性が歩くと、振り袖の袖が強調されるようになっています。

意外にも面白い歴史がある振り袖です。元来は祭の場面で踊り子が着た和装が振り袖だったのです。その踊りの場面で愛情を豊かに表現するべく、袖が長大に作られているのです。その袖の部分を振り動かして踊り手の感情を表現しました。袖を振って愛情表現を行なったその行為が、恋愛の振る・振られると言った表現に進化発展したとされています。
しっかりとした振り袖は基本的に素材がシルクで作られています。レンタルでも買取であっても絹の振り袖は非常に高額になります。価格を削減するなら化繊、ポリエステル素材の振り袖を選択すると、レンタルであっても買取も随分とコストを落とせます。最近のポリエステルはよくできているので偽物には見えないので大丈夫です。